OSS にまつわる各ライセンス

Face01 シリーズは様々なオープンソースソフトウェアを基盤として構築されていますが、それ故に各 OSS のライセンスを尊守する必要があります。

ここでは使用されるライブラリとそのライセンスについて記載いたします。

Font

Ubuntu 環境の場合には m-plus font を用います。ライセンスは以下のとおりです。

これらのフォントはフリー(自由な)ソフトウエアです。あらゆる改変の有無に関わらず、また商業的な利用であっても、自由にご利用、複製、再配布することができますが、全て無保証とさせていただきます。

M+ Fonts

openCV

三条項BSDライセンス
原文はこちらからご覧ください。

dlib

Boost Software License - Version 1.0
原文はこちらからご覧ください。

dlib について注意

以下に注意してください。原文はこちらからご覧ください。

You can get the trained model file from:
http://dlib.net/files/shape_predictor_68_face_landmarks.dat.bz2.
Note that the license for the iBUG 300-W dataset excludes commercial use.
こちらにも記載があるとおり、dlib に付属するモデルは商用利用不可です。 HELEN dataset も同様です。
Face01 シリーズでは以下の face_recognition_models を使用します。

face_recognition_models

原文はこちらからご覧ください。

CC0 1.0 Universal

face_recognition

MIT ライセンス。原文はこちらからご覧ください。

pillow

PIL ソフトウェアライセンス。原文はこちらからご覧ください。

numpy

BSD 3-Clause “New” or “Revised” License. 原文はこちらからご覧ください。

以上です。

Follow me!