アイキャッチ画像

顔認証関連市場

東海顔認証は静岡に拠点を置くAIソフトウェアの開発者集団です。顔認証ソフトウェアSDKの開発と販売を行っております。

近年顔認証市場はその規模をますます拡大しています。2021 年、この中でも特に成長著しいのは「物販・小売業」であり市場規模は55億円となっています。(図1)
顔認証ソフトウェアは防犯カメラとしての利用だけではなく、入退室管理・勤怠管理など多種多様な需要があります。

出典:公益社団法人 日本防犯設備協会 映像セキュリティ委員会 画像解析に関する調査研究報告書のグラフ
出典:公益社団法人 日本防犯設備協会 映像セキュリティ委員会 画像解析に関する調査研究報告書より

東海顔認証は市場に顔認証システムを提供する製造メーカー・ソフトメーカー様向けに、低価格で性能の良いAIソフトウェアをご提供し、システム全体の開発費を大幅に抑えることを目標としています。(図2)
大手大企業が提供する顔認証システムに価格で優位性をもたせることができ、顔認証システム全体の普及を促進します。

低価格化の仕組みの図

顔認証のためのアプリケーション

東海顔認証は数多くの企業様向けに、顔認識ソフトウェアの基本AIソフトウェアをご提供をいたします。

  • FACE01 GRAPHICS( Windows & Linux )
    NVIDIA GPUを使用した高速動作の顔認証アプリケーション
  • FACE01 IMAGER( Windows & Linux )
    サーバの帯域を圧迫しない顔認証アプリケーション
  • FACE01 LOCATION(Windows, Linux )
    自動的に顔画像をクロッピング、座標出力するアプリケーション

それぞれのアプリケーションは標準出力や画像の自動保存により様々なアプリケーションと連携が取れるようになっています。

FACE01シリーズは、 LinuxならびにWindowsにおいてPythonモジュールとしてご提供されます。モジュールをインポートすると、それが誰なのか、時刻、自動保存された顔画像、何人が通ったのかなどの情報が返ってきます。また、FACE01においてカメラ画像は顔認証をした状態で自動的に保存されます。

FACE01 GRAPHICS 1.2.5を外部プログラムから呼び出したデモ動画をご覧ください。

実行中のウィンドウ
外部CE01GRAPHICS ver.1.2.5を外部プログラムから呼び出した例(ウィンドウのみ)
FACE01GRAPHICS ver.1.2.5を外部プログラムから呼び出した例(ウィンドウのみ)

 これらをベースに様々なシステムを完結に構築することが可能です。

  • 顔写真の登録インターフェース
  • モニタするためのモニタ画面
  • 検出した顔を登録するデータベースシステム
  • 顔そのものを検索するインターフェース

お問い合わせ

お問い合わせは お問い合わせフォーム からお願い致します。


【追記 2020年5月8日】
コロナウィルスの収束までご訪問によるプレゼンテーションは自粛させていただいております。検証作業までの工程はメールでのご対応となります。ご理解とご協力をお願いいたします。


お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ